クリニック通信

アクセス【送迎可能】

こんな症状でお悩みの方へ

透析Q&A

おかもと腎クリニック
埼玉県 桶川市 泉 2-19-50
東急桶川ビレッジ 
電話 048-789-5505
FAX 048-789-5506
初診・急患随時受付ております
お気軽にお電話ください。

高崎線桶川駅西口からタクシーで、1または2メーター

地図を見る

埼玉透析専科

人工透析で明るい生活

株式会社日本医広

いつも患者さんと共に… 院長 ─ あいさつ ─
岡本 憲一 地域の皆様に可愛がっていただいた、当おかもと腎クリニックも無事10期目を迎えることができました。心より感謝申し上げます。
2015年4月に茨城県古河市にサテライト(分院)の古河おかもと腎クリニック開院致しました。本院(桶川)ともども可愛がっていただければ幸いです。今後とも地域のかかりつけ医院として当院をお使いいただきますようお願い申し上げます。

さて、6年前ホームページをリニューアルいたしました。その際にもご案内いたしましたが、改めてもう一度自己紹介したいと思います。 私は母校である岡山大学医学部を出て関連病院にて研鑽を積み縁あって平成のはじめ頃に関東へやってきました。主に消化器外科をメインに少しずつ自分の医師としての技量の間口を広げてまいりました。
当時、ときあたかもバブルの真っ盛りで世の中は好景気にみな舞い上がっていました。翻って医療はそのころから毎年毎年マイナス改定でした。
そして透析医療はというと更正医療に認められ全額国費補助の対象となりようやく勃興期を迎えその後目覚しい勢いで格段の進歩を果たしました。

ダイアライザーの改良に次ぐ改良、エポ製剤など造血ホルモンその他の製剤の登場でエポックメーキングを経て今まさにその爛熟期にあります。
私はこの間日本で一~二を争う2大病院グループを渡り歩き日夜医療の研鑽に励みました・・・
時々透析医療にもかかわりながら。
そして今から16年前に本格的に透析医療を私の医療における生きる糧としました。

さて、かねてより思っておりますが、腎不全で透析導入した後は腎臓そのものを云々するのではなく腎臓障害によって起こる様々な合併症のメンテナンスに気を配らなければなりません。
人間の体の中で腎臓ほど多岐にわたって大切な働きをする臓器はありません。

透析患者さんを診るにあたって大切なことは日々の透析をちゃんとやるのは当たり前のこととして、特に腎障害に伴う合併症をいち早く発見し適切に対応する。これこそが当院の一大使命であり真骨頂であります。
どうか地域の皆様にとって「腎臓病のおかもとクリニック」を今後とも末永く可愛がっていただけたら幸いでございます。

【院長】岡本 憲一
1988年 3月 岡山大学医学部卒業
1988年 4月 同大学院博士課程入学(1996年3月修了)
1991年 6月 四国勤労病院勤務
1992年 9月 徳洲会千葉病院勤務
1996年 3月 上尾中央総合病院グループ傘下の
東京・埼玉・神奈川の各施設に勤務。その後、関東の数施設を経る。
2007年 5月 おかもとクリニック院長に就任
2011年 5月 おかもと腎クリニック院長に就任
2015年 4月 古河おかもと腎クリニック開院

●身体障害者指定医
[障害区分]
腎臓機能障害、膀胱・直腸機能障害
●指定自立支援機関

当院、そして私のポリシー
はじめに…

突然あなたの人生に訪れた人工透析という重い十字架。
私は多くの透析患者と長くかかわってきた一介の医師です。私の医師としてのスタートは自己紹介でも述べた一介の外科医です。あれから25年、今私は透析医療を生りあいとさせていただいております。

透析患者さんとは週三回一回4時間を共にさせて頂いております。いついかなるときも患者さんと共にいることを使命と考え24時間私に直接連絡が取れることになっております。いわば患者さんは第二の家族なのです。
特に本年の医療改定において地域医療加算が設定されたことで24時間オンコールは医療機関必須の義務となっております。これは透析患者さんと施設が24時間連絡を取れるようにと国が計らったものです。
実は透析患者さんと施設をめぐるトラブルのほとんどがこの時間外の対応によるものです。
今後はこのようなトラブルもなくなることでしょう。
私は透析医療にかかわる大原則として以下の3つのポリシーを持ってまだまだ日々精進の途上にあります。

1.透析の命である水の徹底した浄化

透析医療は今成熟期を向かえましたが、透析の命ともいえる水の浄化はその黎明期より絶対的に真理でした。
これを徹底的に追求します。
私のクリニックのエンドトキシン濃度(透析液の中のバイ菌=清明度の指標)は0です。

2.患者さんの病態に合わせた適切で迅速な対応

患者さんの病態に合わせた適切で迅速な対応。透析医療とは様々な合併症を抱えた患者の病態をいち早くz察知し2次・3次の医療機関への適切で迅速な紹介(紹介実績病院・・埼玉医大川越医療センター、北里メデイカルセンター病院、自治医大大宮総合医療センター、独協医大本院、慶応大学病院、)。

3.アメニティの追求

TV(DVDプレーヤー付き)等